【ビデオニュース】CES 2012のブースで新型Xperiaをインプレ! | RBB TODAY

【ビデオニュース】CES 2012のブースで新型Xperiaをインプレ!

IT・デジタル モバイル

AT&T向けに供給される「Xperia ion」
  • AT&T向けに供給される「Xperia ion」
  • Xperiaシリーズの中では初のLTE対応機種となる
  • グローバル市場向けモデルの「Xperia S」。日本ではこれをベースとした「Xperia NX」がドコモから発売される
  • 本体下には向こう側の光が透けて見える透明パーツを採用
 ソニーは米ラスベガスのCES展示ブースで新製品発表会を開催し、Sony Ericsson Mobile Communications(以下Sony Ericsson)によるAndroidスマートフォンの新機種「Xperia S」および「Xperia ion」を発表した。

 今回発表されたXperia SとXperia ionは、いずれもAndroid 2.3を搭載した状態で出荷され、今年第2四半期中にはAndroid 4.0へのアップグレードが提供される予定。ともにプロセッサには1.5GHz動作のデュアルコアSnapdragon「MSM8260」を採用している。Xperia Sはグローバル市場を対象にした3Gモデルなのに対し、Xperia ionはAT&TのLTEネットワークに対応した初のLTE版Xperiaで、AT&Tの販売チャネルを通じて販売される。

 Xperia Sは4.3インチ、Xperia ionは4.6インチのHD(1280×720)ディスプレイを搭載するハイエンドモデルで、いずれも「Exmor R for mobile」採用の1200万画素のカメラ、高画質化機能の「Mobile BRAVIA Engine」、HDMI出力、NFCなどの機能を搭載する。また、PlayStation Certified機器となっており、PlayStation Storeで購入したゲームを楽しむことができる。内蔵フラッシュメモリはXperia Sが32GB、Xperia ionが16GB。


《日高彰》

特集

page top