アイレップSEM総研、「2011年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース」を発表 | RBB TODAY

アイレップSEM総研、「2011年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース」を発表

 アイレップSEM総合研究所は26日、2011年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを発表した。

ブロードバンド テクノロジー
2011年の検索エンジンマーケティング業界の10大ニュース
  • 2011年の検索エンジンマーケティング業界の10大ニュース
  • 「アイレップ」サイト(画像)
 アイレップSEM総合研究所は26日、2011年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを発表した。

 1位としてあげられたのは、米Googleが新たに導入するランキングアルゴリズム、通称「パンダ・アップデート」だった。「パンダ・アップデート」は、国内ではまだ公式に適用はされてはいないが、同研究所では2012年にも発表される可能性が高いと指摘している。

 2位は米Yahoo!のBingへの移行、3位はヤフーの「スポンサードサーチVer.3」プラットフォーム移行完了となっている。

 その他10位までは以下のとおり。選定にあたっては、アイレップ取締役CSO SEM総合研究所 所長の渡辺隆広氏を中心に討議を重ね、特に影響度の高いものがセレクトされたという。

■2011年の検索エンジンマーケティング業界の10大ニュース
1:パンダ・アップデート
2:米Yahoo!、Bingへの移行を順調に進める
3:ヤフーの「スポンサードサーチVer.3」 プラットフォーム移行完了
4:米Google検索サービスにSSL接続導入 検索キーワード解析に影響
5:Google+ リリース
6:Adobe Systems、Efficient Frontier買収
7:MicrosoftとGoogleがネット上で対立
8:Google、スパムリンク取り締まり大幅強化
9:キュレーション系サービス、各社次々にリリース
10:デジタルマーケティングは統合管理の時代へ
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top