日本マイクロソフト、SkyDriveを強化……Office文書の共同作業や写真の共有がより簡単に | RBB TODAY

日本マイクロソフト、SkyDriveを強化……Office文書の共同作業や写真の共有がより簡単に

ブロードバンド ウェブ

Officeなどのファイルの共有がより簡単に
  • Officeなどのファイルの共有がより簡単に
  • フォルダは直接変更・作成可能となった
  • 右クリックメニューでのファイル操作
  • ドラッグ&ドロップによるファイルアップロード
  • 「SkyDrive」ロゴ
 日本マイクロソフトは29日、無料オンラインストレージ「SkyDrive」をアップデートし機能強化を行った。フォルダー単位ではなく、ファイル単位でのアクセス権設定が可能になったほか、インターフェイスも大幅に改善された。

 SkyDriveは6月に実施したアップデートでHTML5に対応し、ExcelファイルをWebページに埋め込み可能にするなどの強化をしてきたが、今回のサービス強化では、操作性を改善し、写真の共有やOffice文書の共同作業を簡単にした。

 Office文書だけでなく、写真や他の種類のファイルでも同様にファイル単位でアクセス権の設定ができる。また、共有の手順を見直し、SkyDriveの右にある情報ペイン、あるいはメニューの[共有]をクリックすれば、電子メールやFacebookやLinkedInのIDでの共有、ソーシャルネットワークへの投稿、リンクの取得などが可能となった。これにより、相手のWindows Live IDを知らなくても、Office文書の共同作業への招待が可能とのこと。また、Webページへの埋め込みにも対応するようになった。

 操作性の改善では、複数ファイルの処理(移動、削除、ダウンロード)が可能になったほか、右クリックメニューからファイルやフォルダーの移動、名前の変更、共有などができるようになった。Internet Explorer 10以外のブラウザーでもHTML5対応なら、ドラッグアンドドロップでファイルのアップロードができる。アップロード中はSkyDriveの他の画面に移動しても進行が止まらないようになっている。

 今後はWindows PCやWindows Phoneだけでなく、他社のプラットフォームからもSkyDriveへ簡単にアクセスできるよう対応を進める予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top