ソニー、3G+Wi-Fi対応の電子書籍リーダー「PRS-G1」を発売 | RBB TODAY

ソニー、3G+Wi-Fi対応の電子書籍リーダー「PRS-G1」を発売

 ソニーは25日、9月に発表した電子書籍リーダー「Reader」の3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」の発売を開始した。ソニーストアでも取り扱い、価格は25800円。

IT・デジタル スマートフォン
「PRS-G1」ブラック
  • 「PRS-G1」ブラック
  • 「PRS-G1」ホワイト
  • 16階調のグレースケール、8段階の文字サイズに対応し、どんな角度からでも文字が読み取りやすい
  • 電子書籍ストア「Reader Store」のトップ画面のイメージ
 ソニーは25日、9月に発表した電子書籍リーダー「Reader」の3G+Wi-Fi対応「PRS-G1」の発売を開始した。ソニーストア でも取り扱い、価格は25,800円。 

 同製品は、6型タッチディスプレイを搭載した電子書籍リーダー。3Gに加え、802.11シリーズに準拠するWi-Fiに対応し、ワイヤレスで「Reader Store」に直接アクセスすることが可能。書籍コンテンツの閲覧から購入、ダウンロードまでまとめて行なえる。

 インターネットブラウザを搭載し、意味などを調べたい言葉が表示されている画面の該当箇所を長押しすることで、GoogleやWikipediaへのリンク画面がポップアップして検索することができる。

 ディスプレイの解像度は600×800ピクセルで、「E Ink」製の電子ペーパー「Pearl」を採用。光学式タッチパネルの搭載により、画面に直接手で触れてページをめくり、文字を入力し、メモを書き込むといった操作が可能となっている。

 本体には2GBメモリを内蔵し、一般的な電子書籍を約1,400冊、コミックを約35冊保存することが可能。microSDカードスロットを装備し、最大32GBまで保存容量を拡張できる。バッテリはリチウムイオン充電池で、充電時間は、PCからのUSBバスパワーで約3時間。連続駆動時間は、約20,000ページ/1日30分の読書で最長7週間。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.5.8、10.6.6、10.7。インターフェースはmicroSDカードスロット/microUSB/ヘッドホン。対応ファイルは、電子書籍が配信コンテンツ.mnh/XMDF(.zbf)/ドットブック(.book)/EPUB(.epub)/PDF(.pdf)/テキスト(.txt)、音楽がMP3(.mp3)/AAC(.mp4/.m4a)、写真がJPEG(.jpg/.jpeg)/GIF(.gif)/PNG(.png)/BMP(.bmp)。本体サイズは幅約110×高さ173×奥行き9.4mm(最大10.1mm)、重さは約185g(バッテリ含む)。本体カラーはブラック/ホワイトの2色をラインアップ。付属品はタッチペン/USBケーブル/保護ポーチなど。
《熊谷》

関連ニュース

特集

page top