プラネックス、BluetoothとWi-Fi搭載で1台2役のUSBアダプタ | RBB TODAY

プラネックス、BluetoothとWi-Fi搭載で1台2役のUSBアダプタ

IT・デジタル 周辺機器

「BT-Micro3H2X」
  • 「BT-Micro3H2X」
  • USBポートへの接続イメージ
 プラネックスコミュニケーションズは11日、Bluetooth 3.0+HSに対応し、Wi-Fi機能も搭載したコンボ仕様のUSBアダプタ「BT-Micro3H2X」を発表した。販売開始は12月中旬。価格は4,000円前後。

 「BT-Micro3H2X」は、従来のBluetooth と比べて最大24Mbps(理論値)と約8倍の高速通信が可能。出力クラスはClass 2(最大10m)。そのほか、Bluetooth 1.2/2.0/2.1にも対応する。またWi-Fi機能も搭載し、ワイヤレスでIEEE802.11n(2.4GHz帯)の通信が可能。両規格とも2.4GHz帯の無線を使用するが、電波干渉を抑える「802.11 Co-existence」技術を採用し、安定した通信を確保するとうたう。

 対応OSはWindows 7(32ビット/64ビット)/Vista(32ビット/64ビット)/XP SP3(32ビット) 。Windows 7以外のパソコンのみ、付属のユーティリティを設定して本体を装着した場合、無線LAN対応の外部機器が利用できるアクセスポイントとなる。セキュリティはWEP64/128ビット および、WPA-PSK/WPA2-PSKにより、通信データを暗号化する。対応するプロファイルは、A2DP/AVRCP/DUN/FAX/FTP/GAP/GAVDP/GOEP/HCRP/HFP/HSP/HID/OPP/SDAP/SYNC/PAN/SPP/BIP/BPPの19種類。

 インターフェースはUSB2.0。電源はUSBバスパワー。本体サイズは幅約12×高さ4.5×奥行34.7mm、重さは約2.5g。
《熊谷》

関連ニュース

特集

page top