バッファロー、8チャンネル分の番組を8日間自動録画できる「ゼン録」などHDDレコーダーを3機種 | RBB TODAY

バッファロー、8チャンネル分の番組を8日間自動録画できる「ゼン録」などHDDレコーダーを3機種

 バッファローは、番組録画用HDDレコーダーを発表した。搭載チューナー数が地デジ×8の「DVR-Z8」や3波×2の「DVR-W1/1.0T」、3波×1の「DVR-S1C/500G」の計3機種をラインアップ。価格はオープン。

IT・デジタル レコーダー
「ゼン録」の「DVR-Z8」本体
  • 「ゼン録」の「DVR-Z8」本体
  • 「DVR-Z8」のリモコン
  • 3波チューナー×2/1TB HDD搭載「DVR-W1/1.0T」(リモコンは拡大画像)
  • 3波チューナー×1/500GB HDD搭載「DVR-S1C/500G」(リモコンは拡大画像)
 バッファローは、番組録画用HDDレコーダーを発表した。搭載チューナー数が地デジ×8の「DVR-Z8」や3波×2の「DVR-W1/1.0T」、3波×1の「DVR-S1C/500G」の計3機種をラインアップ。価格はオープン。

 販売開始/同社直販サイト価格として、「DVR-Z8」は12月中旬/99,800円、「DVR-W1/1.0T」は11月中旬/29,800円、「DVR-S1C/500G」は11月中旬/24,800円。3機種はいずれも、同社がシンプルかつ簡単な操作で番組録画・再生を楽しめるとうたう「らくらくTVレコーダー」の新ラインアップとなる。

■地上デジタルテレビチューナー×8/2TB HDD搭載「DVR-Z8」

 「DVR-Z8」は、地デジチューナー8基とHDDを搭載することで、地デジ放送の全8チャンネル分の番組を自動録画できる「まるっと全録機能」を備えたHDDレコーダー「ゼン録」。地デジの8チャンネル分を1日24時間で最大8日間分まで自動録画できるモデルとなる。

 地デジの8チャンネル分について、過去8日間さかのぼり番組を視聴(自動録画再生)できるため、番組の観逃しや録画忘れなどを防ぐことが可能。自動録画した番組を再生する場合は、リモコンの「タイムシフト」ボタンを押して過去8日間分の電子番組表を表示させ、観たい番組を選択するシンプルな操作となる。

 内蔵HDDには「まるっと全録機能」用の領域が設けられており、時間の経過とともに最新の番組を録画するたびに、8日間を過ぎた過去番組を消去していく仕組み。「まるっと全録機能」用領域から通常の保存領域へ録画番組をコピーし、「まるっと全録機能」の録画番組を保存することができる。また、USB外付けHDDとの接続が可能で、外付けHDDへのコピーにも対応する。

 おもな仕様として、インターフェースはHDMI/アナログ映像・音声/USB2.0/LANなど、本体サイズは幅430×高さ50×奥行き220m(突起部除く)、重さは約2.5kg。付属品はリモコン/コンポジットビデオ-アナログオーディオケーブル(1.5m)/ACアダプタなど。

■地上・BS・110度CSの3波デジタルテレビチューナー×2/1TB HDD搭載「DVR-W1/1.0T」

 「DVR-W1/1.0T」は、3波の地デジ放送で2番組同時録画が可能なモデル。番組録画中に録画中番組をはじめから再生できる「追っかけ再生」機能を備え、同機能は2番組同時録画にも利用可能。また、USB外付けHDDの増設にも対応する。低回転・静音ファンを採用した。

 おもな仕様として、インターフェースはHDMI/アナログ映像・音声/USB2.0など、本体サイズは幅242×高さ52×奥行き174m(突起部除く)、重さは約1.32kg。付属品はリモコン/コンポジットビデオ-アナログオーディオケーブル(1.5m)/ACアダプタ(1.5m)など。

■地上・BS・110度CSの3波デジタルテレビチューナー×1/500GB HDD搭載「DVR-S1C/500G」

 「DVR-S1C/500G」は、「DVR-W1/1.0T」との比較で3波チューナー数が1、内蔵HDD容量が500GBのモデル。「追っかけ再生」機能を備える。ファンレス設計を採用する。

 おもな仕様として、インターフェースはHDMI/アナログ映像・音声/USB2.0など、本体サイズは幅200×高さ47×奥行き183m(突起部除く)、重さは約0.7kg。付属品はリモコン/コンポジットビデオ-アナログオーディオケーブル(1.5m)/ACアダプタ(1.5m)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top