企業向けのストレージサービス「Google Cloud Storage」提供開始 | RBB TODAY

企業向けのストレージサービス「Google Cloud Storage」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Google Cloud Storage
  • Google Cloud Storage
  • Googleの公式ブログ
 米国Googleは10月11日(現地時間)、これまで実験サービスとして提供してきた「Google Storage for Developers」を発展継承させ、企業向けのストレージサービス「Google Cloud Storage」として商用提供を開始する。

 Google Cloud Storageは、データをストアさせる用途のみならず、コンテンツサーバやWebアプリ用データベースとして利用することも可能。クラウドへはRESTful APIや、「Google Storage Manager」「GSUtil」といったGoogle Cloud Storageが提供するツール類を利用してアクセスできる。アクティベーションは「Google APIs Console」によっておこなえる。

 今回、「Google App Engine」のアプリケーションでCloud Storageのデータを読み書きするために、「App Engine Files API」が追加された。現状、GSUtilが動くのはPython(2.6または2.7)のみとなっているが、Google Cloud StorageプロダクトマネージャーのNavneet Joneja氏によれば「Javaなどの機能もサポートを加えるために作業を進めている」という。

 またGoogle App Engineのプレミアムアカウントとして、月額500ドルで99.95%の稼働率を保証するSサービス品質保証契約付きの「Google App Engine Premier Accounts」を提供する。

 「Google Cloud Storage」の価格は、ストレージ利用が1GBにつき月額13セント(上限1TBまで)、または12セント(1TB以上9TBまで)。またデータのダウンロードは米国では1TBまで月額12セント、アジアでは月額21セント。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top