【CEATEC 2011(Vol.26):動画】液晶テレビを“持ち歩いて”来場者にピーアールするシャープ | RBB TODAY

【CEATEC 2011(Vol.26):動画】液晶テレビを“持ち歩いて”来場者にピーアールするシャープ

IT・デジタル テレビ

32VのフリースタイルAQUOSを持ってブース周辺を歩く女性
  • 32VのフリースタイルAQUOSを持ってブース周辺を歩く女性
  • 放送波は分離されたチューナー部からワイヤレスで送信されている
  • シャープブースのステージ
  • シャープブースのステージ
 シャープブースを歩いていると、映像が映しだされた液晶テレビを持ち歩いている女性に出くわす。同社が8月下旬に発表した新製品“フリースタイルAQUOS”のピーアールだ。

 新製品は「LC-60F5-B/S」(60V型)「LC-40F5-B/W」(40V型)「LC-32F5-B/W」(32V型)「LC-20F5-B/W」(20V型)の4種類あるが、女性が持っていたのは32V型(20V型を持っている女性もいたが、これは旧型のバッテリー内蔵タイプ)。フリースタイルAQUOSの特徴は、液晶ディスプレイ部と地上デジタル/BS・110度CSチューナー部を分離したこと。女性の持っているテレビの映像は、ブースのチューナーから放送波がワイヤレス送信されることで映し出されていたものだ。

 「チューナーがないのに何故映るのか?」「どのくらいの重さなのか?」など質問する来場者の姿をよく見かけた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top