IIJ、ルーター製品とリモートアクセスソリューションのVPN機能を強化……「SSTP」に対応 | RBB TODAY

IIJ、ルーター製品とリモートアクセスソリューションのVPN機能を強化……「SSTP」に対応

ブロードバンド テクノロジー

利用イメージ図
  • 利用イメージ図
  • SEIL/Xシリーズ
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は3日、自社開発のルーター製品およびリモートアクセスソリューションにおいて、VPNプロトコル「SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)」を新たに実装し、VPN機能を強化したことを発表した。

 SSTPは、Windows Vista SP1以降に標準で搭載されているSSLを利用したVPNプロトコル。今回SSTPが実装されるのは、ルーター「SEIL」(ザイル)シリーズ (SEIL/X1、SEIL/X2、SEIL/B1、SEIL/x86)とリモートアクセスソリューション「IIJセキュアリモートアクセス」となる。

 現在VPNプロトコルとしてPPTPやL2TP/IPsecが主流となっているが、ルーターなどでNATされたネットワーク内で複数PCから同時にVPN接続ができないといった問題があった。SSTPを利用することで従来のインターネット接続環境に加えて、ホテル、無線LANスポットなどのNATされた環境、プロキシサーバーを経由してインターネット接続を行う環境からでも、確実にVPN接続を行うことが可能になるという。またSSTPは、TLS/SSLを利用したHTTPSポートを使用してVPNを行うため、ネットワーク機器の設定変更を行う必要がなく、手軽にリモートアクセスを導入できる。

 SSTPはWindows PCやWindowsサーバー以外、まだほとんどの製品に実装されておらず、同社では、日本で初めて、ルーター製品とリモートアクセス専用機器に実装したとしている。SEILシリーズには、ファームウェアのバージョンより、SSTPが新たに実装される。IIJセキュアリモートアクセスでは10月28日から、追加料金なくSSTPに対応を開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top