エヴァ・ロンゴリア、ドラマ出演料が最も高い女優に | RBB TODAY

エヴァ・ロンゴリア、ドラマ出演料が最も高い女優に

エンタメ その他

エヴァ・ロンゴリア
  • エヴァ・ロンゴリア
  • 公式サイト
 エヴァ・ロンゴリアとティナ・フェイが最も高額なギャラを支払われているテレビ女優に選ばれた。

 ドラマ『デスパレートな妻たち』と『30ロック』にそれぞれ出演しているエヴァとティナは、2010年5月から1年間の間に1300万ドル(約10億円)を稼ぎ、2位と300万ドル(約2億3000万円)の差をつけているとフォーブス誌が報じている。エヴァの『デスパレートな妻たち』での共演者マルシア・クロスは、『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』のマリシュカ・ハージティ、『CSI:科学捜査班』のマーグ ・ヘルゲンバーガーらと共にそれぞれ1千万ドル(約7億7000万円)となっている。同じく『デスパレートな妻たち』に出演しているテリー・ハッチャー、フェリシティ・ハフマンはそれぞれ900万ドル(約6億9000万円)、そして『クーガータウン』のコートニー・コックスと『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』のエレン・ポンピオはそれぞれ700万ドル(約5億4000万円)を稼いでいる。

 先日エミー賞で主演女優賞を獲得した『グッド・ワイフ』のジュリアン・マルグリーズは同ドラマの出演による600万ドル(約4億6000万円)の収入で10位に入った。

 『デスパレートな妻たち』の出演者が上位を占めたが、来シーズンで同ドラマが最終回を迎えることが決定している。出演者全員が終りが近づいていることを知っていることから、最終シリーズの撮影中、現場は「感情的」だとエヴァは語っていた。「もう涙が出そうなの」「最終回のことを考えることすらできないわ。毎回の撮影がちょっと悲しいの。『また森の中の撮影がある、ポーカーをやっているシーンの撮影がある』って。みんな感情的で、出演者全員が毎回のエピソードで感情的になっているわ」。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top