大日本印刷、電子マネー“Edy”決済などが行える腕時計「RISNY」製品化……FeliCaチップ搭載 | RBB TODAY

大日本印刷、電子マネー“Edy”決済などが行える腕時計「RISNY」製品化……FeliCaチップ搭載

エンタープライズ モバイルBIZ

Edy塔載の腕時計「RISNY」
  • Edy塔載の腕時計「RISNY」
  • 腕時計「RISNY」の装着例
 大日本印刷(DNP)は28日、腕時計などを製造販売する精密機器メーカーの和工と共同で、電子マネー決済などが行えるFeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY(リスニー)」を製品化したことを発表した。12月に和工が電子マネー“Edy”を搭載した製品を発売する予定。

 DNPでは、2010年3月にキーホルダー型FeliCaチップ搭載の非接触IC媒体『Smart-Jacket』を発売。2011年2月には、リストバンド型Smart-Jacketを製品化している。これらの実績を活かし、今回両社では、FeliCaチップ搭載の腕時計『RISNY』を製品化した。通常FeliCaの通信機能は金属による影響を受けるため、金属部品を使う腕時計への搭載は困難だったが、金属の量や厚みなどを調整することによって、FeliCa通信機能を保持することに成功した。

 RISNYは、電子マネー決済の他、レジャー施設の会員証や入場チケット、職場でのID認証用など、幅広い用途で利用できる見込み。特定のリーダーライターとの互換性を保証するFeliCa性能検定の認定も取得している。ICチップサイズは約28mm角でFeliCa4KB(RC-S962)、メモリ容量4,096バイト、ユーザーメモリ2,464バイトとなる。Edy塔載時計の販売想定価格は税抜7,000円前後の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top