「仕事も恋愛も」20代の“欲張り”女性が急増中!?……「Dual 症候群」とは | RBB TODAY

「仕事も恋愛も」20代の“欲張り”女性が急増中!?……「Dual 症候群」とは

エンタメ 調査

自分は欲張りだと思いますか?
  • 自分は欲張りだと思いますか?
  • どちらも頑張りたいと思うものは?
  • 最も「どちらも頑張りたい」と思うものは?
 ロッテは、恋人がいる20~29歳の未婚女性(有職者)500名に対して「欲張り意識」に関する調査を実施した。その結果、彼女たちの多くに「仕事と恋愛」「愛情と友情」など、2つ(Dual)のものを欲張りたいと願う、いわゆる「Dual 症候群」の傾向が見られたという。

 20代の未婚女性500名に対して、「自分は『欲張り』だと思いますか?」と聞いたところ、76%の女性が「そう思う」と回答。その理由としては、「必要だと思うものは全て手に入れたくなる。(26歳)」、「仕事や恋愛、友人関係など、様々な要素をすべて満足させようとするから。(27歳)」などの回答があった。

 次に、「仕事と恋愛」「愛情と友情」「キレイとかわいい」「外見美と内面美」「夢と安定」など、一見両立が難しいと思われるものについて、「両立は可能だと思いますか?」と質問。すると「仕事と恋愛」は91%、「愛情と友情」は82%、「キレイとかわいい」は81%、そして「外見美と内面美」は89%が、それぞれ「両立は可能だと思う」と答えた。このことから、20代女性の多くが「大抵のことは両立可能」とポジティブに捉えていることが分かる。

 また、前出の項目について「どちらも欲張りたいと思うもの」を聞いたところ、「仕事と恋愛」は74%、「愛情と友情」は84%、「キレイとかわいい」は63%、「外見美と内面美」は90%、「どちらも欲張りたい」と回答。両立可能と考えているだけでなく、「どちらも欲張りたい」と積極的な姿勢が垣間見える。

 さらにこれらの項目について、「最も両立が難しいと思うもの」を聞いたところ、1位となったのは「夢と安定」で53%。一方、「最も欲張りたいもの」については「仕事と恋愛」が34%。その理由として「この2つがうまくいっている時が、自分らしく、充実した生活を送っていると思うから。(24歳)」、「両方充実していると、毎日が楽しいから。(27歳)」などの意見が寄せられた。

 今回の調査結果で明らかになった「どちらも欲張りたい」と考えていることを、ロッテは「Dual 症候群」と名付けている。

 なおロッテが9月13日に発売した新商品のチョコレート「デュアル」は、「2つ」を意味する英語「Dual」に由来しており、「サクサクの食感」と「しっとりとした味わい」をともに味わえる口溶けになっているという。今回、デュアルの特設サイトとして、いくつかの質問にたいしてYES/NOで回答するだけで“Dual度”が判定できる診断コンテンツを22日にオープンした。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top