全日本空輸、全客室乗務員にiPad配布 | RBB TODAY

全日本空輸、全客室乗務員にiPad配布

エンタープライズ 企業

マニュアル管理業務改革
  • マニュアル管理業務改革
  • 教育訓練業務の改革
 ソフトバンクテレコムは、全日本空輸(ANA)グループへiPad6,000台を納入したと発表した。

 乗務マニュアルを電子化するとともに、自己学習形式の導入など教育訓練業務に使われる。 10月から一部の客室乗務員(約700名)による運用トライアルを開始し、2012年4月より全客室乗務員がiPadを携行する予定だ。

 さらに、ソフトバンクテレコムは乗務マニュアルに映像や音声などを載せ、マルチメディアコンテンツとして作成し、iPad向けに配信できるクラウドサービス「ホワイトクラウド ビジュアモール スマートカタログ」や、端末ごとに必要なセキュリティ対策を一元的に管理できる「ソフトバンクテレコム ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント」も提供する。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top