クアルコムのSnapdragonとGobiが採用されたWindows 8搭載プロトタイプPCが公開 | RBB TODAY

クアルコムのSnapdragonとGobiが採用されたWindows 8搭載プロトタイプPCが公開

IT・デジタル マイクロソフト

「Microsoft BUILD Conference」の公式サイトで公開されている基調講演の動画のイメージ
  • 「Microsoft BUILD Conference」の公式サイトで公開されている基調講演の動画のイメージ
  • 「Snapdragon」サイト
  • 「Gobi」サイト
 チップメーカーの米Qualcomm(クアルコム)は13日(米国時間)、「Microsoft BUILD Conference」において、マイクロソフトがSnapdragonおよびGobi採用のWindows 8を搭載するプロトタイプPCを公開したと発表した。

 クアルコムとマイクロソフトは、次期Windowsにおいての協業をすでに発表している。今回、米国カリフォルニアで開催されている「Microsoft BUILD Conference」(米国時間16日まで開催)の基調講演にて、マイクロソフトは、クアルコム製のSnapdragonおよびGobiを採用したWindows 8搭載プロトタイプPCを披露した。

 クアルコム製の次世代Snapdragonモバイルプロセッサーは、第三世代/第四世代(LTE)通信のマルチモードに対応したオールインワンのチップセットシリーズ。多彩なCPUコアの構成により、多様な端末に対応する。また、クアルコム製のGobi無線通信モジュールは、Windows 8搭載PCの第三世代/第四世代(LTE)通信への常時ワイヤレス接続を可能とする。さらに、Gobi無線通信モジュールは、事前認証されたマルチモードの第三世代/第四世代(LTE)通信モジュールであるため、ハードウェアメーカーはWindows 8搭載PCの接続認証が容易に行なえるという。

 なお、Snapdragonプロセッサーとともに、クアルコムアセロスの「WCN3660」コンボチップはデュアルバンド対応無線LANやBluetooth、FMをサポート。Windows 8に全面対応した初の802.11n対応無線LANソリューションだとしている。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top