シャープ、「AQUOS クアトロン 3D」に70V型ワイドの新モデル……想定価格80万円前後 | RBB TODAY

シャープ、「AQUOS クアトロン 3D」に70V型ワイドの新モデル……想定価格80万円前後

IT・デジタル テレビ

LC-70X5
  • LC-70X5
  • 付属の3Dメガネ
  • LC-70X5
  • LC-70X5
  • LC-70X5
  • LC-70X5
  • LC-70X5
 シャープは1日、液晶テレビ「AQUOS クアトロン 3D」の新モデルとして、70V型ワイド大画面液晶パネル搭載の「LC-70X5」を発表した。販売開始は9月25日。価格はオープンで、市場想定価格は800,000円前後。

 同製品は、70V型ワイドで画面サイズは横1,539×866mm。LEDバックライトをブロック分轄し、光のある部分では輝度を従来モデルの約2倍に、暗い部分では抑える「メガブライトネス技術」を採用。これにより、テレビコントラストで1500万:1を実現するとした。

 液晶パネルでは、色や光の3原色(赤/緑/青)に黄色を加えた同社独自の「4原色技術」を採用。従来モデル(LC-60L5)との比較で約1.5倍まで応答性能を高めた「240Hzスキャン」技術の導入などにより、動きの速い映像をクリアに再現するなど画質の向上をうたう。

 さらに、THX社によるホームシアター用ディスプレイの規格「THX Certified Display Program」の認定を受けており、ホームシアターなど周囲が暗めな環境での利用時での色の再現力にこだわった「THX映画モード」を搭載している。

 音声では2.1ch4Way8スピーカーシステム「ARSS」と低振動ウーハー「Duo Bass」を搭載。映像との一体感を重視しつつ、迫力ある低音の再現に努めた。さらに「AQUOS」専用にチューニングされたAudioEngine音声LSIによる 「Spacious Sound3D」で、立体感のある音を実現するとしている。音声実用最大出力は30W(7.5W+7.5W+ウーハー:15W)。

 3D方式はフレームシーケンシャル。クロストークや輝度低下を抑える同社独自の技術が搭載されており、付属の3Dメガネも従来比で約40%までの軽量化をはかっている。

 USB接続外付けHDDに対応し、デジタル放送録画が可能。地上デジタルチューナーはトリプル、BS・110度CSデジタルはダブルで搭載。同社製「AQUOSブルーレイ」なといった接続している対応機器の操作パネルを画面表示する「AQUOSファミリンクII」も使用できる。

 液晶解像度は1,920×1,080ピクセル、視野角は176度。CATVパススルー対応。インターフェースはHDMI×4/D5/S2×2/音声出力/アナログRGB/ヘッドホン/光デジタル音声/LAN/USB×2など。付属品はUSB充電式3Dメガネ/リモコン/転倒防止用クリップなど。スタンド含む本体サイズは幅163.6×奥行き37.7×高さ102.6mm、重さは 54kg。
《》

関連ニュース

特集

page top