パナソニック、デジタルHDプラズマ3Dテレビ「ビエラ」のVT3シリーズ65V型とGT3シリーズ55V型 | RBB TODAY

パナソニック、デジタルHDプラズマ3Dテレビ「ビエラ」のVT3シリーズ65V型とGT3シリーズ55V型

IT・デジタル テレビ

65V型「TH-P65VT3」
  • 65V型「TH-P65VT3」
  • 55V型「TH-P55GT3」
 パナソニックは25日、デジタルHDプラズマ3Dテレビ「ビエラ」の新モデルとして、「フル・ブラックパネルII」搭載の65V型「TH-P65VT3」/55V型「TH-P55GT3」を発表した。販売開始は9月9日。価格はオープン。

 予想実売価格はVT3シリーズ65V型「TH-P65VT3」が63万円前後、GT3シリーズ55V型「TH-P55GT3」が35万円前後。

 両製品とも、3D対応のプラズマパネルとして予備放電レスでも発光可能な「ブラックパネルII」を搭載。ネイティブコントラスト500万:1を実現するほか、同パネル搭載の「低反射ブラックフィルターII」などとあわせ、シャープな黒で高画質を実現するとうたう。動画表示性能にもこだわり、短残光蛍光体などで表示インパルスをさらに短縮化。1秒あたり1,200pps(画素。APDC開発の評価法による)とした。

 この性能アップにより、3D映像視聴時に左右の画像が重なる現象を抑制。このほか、視聴環境やHDMIコンテンツに応じた高画質への自動調整機能や、低解像度映像の高解像度化自動処理機能など、高画質に関連する多くの機能を備えた。3D機能としては、2Dから3Dへの切替機能や、3Dソフト映像の奥行きを調整できる「3D奥行きコントローラー」、3Dソフト再生時に中間フレームを自動生成する「3Dシネマスムーサー」などを搭載している。

 本体にSDカードスロットとUSB端子を装備し、SD/SDHC/SDXCカードやUSB接続HDDでの番組録画に対応する。デジタルダブルチューナー搭載のため、裏番組録画も可能。ネットワーク機能「テレビでネット」にも対応。

 さらに65V型「TH-P65VT3」には、映画本来のオリジナルカラーをリマスターする「ハリウッドカラーリマスター」機能を搭載。公色域化により、デジタルシネマに近いカラーを実現するとうたう。また、BD「ディーガ」との接続により同機搭載「ハリウッドクリアカラー」との相乗効果が生まれ、より高画質になるとした。

 両製品の共通スペックとして、画素数は1,920×1,080ピクセル。受信可能放送は地上デジタル(CATVパススルー対応)/BSデジタル/110度CSデジタル。インターフェイスは地上デジタル入力端子/BS・110度CSデジタル-IF入力端子/HDMI端子/D4端子/音声入力/ビデオ入力/音声出力/パソコン(RGB)入力(ミニD-Sub15Pin1/音声入力)/光デジタル音声出力端子/LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)/USB端子など。

 65V型「TH-P65VT3」のスピーカーはスコーカー(25×90mm)×4/ウーハー(直径80mm)、音声実用最大出力は総合20W。HDMI端子は3つとなる。本体サイズは幅1572×奥行き400×高さ994mm、重さ約63kg。

 55V型「TH-P55GT3」のスピーカーはフルレンジ(35×14mm)×2、音声実用最大出力20W。HDMI端子は2つとなる。本体サイズは幅1324×奥行き387×高さ849mm、重さ約39kg。
《》

関連ニュース

特集

page top