日本エイサー、Androidタブレット「ICONIA TAB A500」のAndroid 3.1アップデートを延期 | RBB TODAY

日本エイサー、Androidタブレット「ICONIA TAB A500」のAndroid 3.1アップデートを延期

IT・デジタル モバイル

ICONIA TAB A500
  • ICONIA TAB A500
  • ICONIA TAB Android タブレット用ドッキングステーション
  • ICONIA TAB Android タブレット用ACアダプター
  • ICONIA TAB A500
 日本エイサーは2日、本日から予定されていたタブレット端末「ICONIA TAB A500」に対するAndroid 3.1アップデートの急遽延期を発表した。なお、5日の販売開始が予定されていた周辺機器2種は予定通りとなる。

 同社は対応延期の理由を「ソフトウェア関連の不具合」と説明し、開始時期についてはOTA配信スケジュール決定次第の報告としている。今回のアップデートで予定されている変更点は以下の通り。

1:最適化によるパフォーマンスの向上
2:USB マウスの対応
3:MTP (Media Transfer Protocol)/PTP(Picture Transfer Protocol) サポート
4:Webクイックコントロール追加
5:アプリ履歴表示数の拡張
6:動画編集アプリ「Movie Studio」のプリインストール
7:モトヤフォント対応 (モトヤLマルベリ 3等幅)
8:Exchange Active Sync サポート
9:WMV/WMA/Xvid コーデックサポート
10:HDMI 1080p 外部出力対応
11:Flash 10.3 プリインストール

 なお、同時に発表されていた同製品用の周辺機器「ICONIA TAB Android タブレット用ドッキングステーション」と「ICONIA TAB Android タブレット用ACアダプター」は、予定通り5日からの販売開始となる。店頭予想価格は前者が7,000円前後、後者が3,000円前後。
《》

関連ニュース

特集

page top