BIGLOBE、行ってみたい宿・ホテルを地図上に登録・共有するソーシャルサービス「旅まっぷ」開始 | RBB TODAY

BIGLOBE、行ってみたい宿・ホテルを地図上に登録・共有するソーシャルサービス「旅まっぷ」開始

ブロードバンド ウェブ

「旅まっぷ」登録の例
  • 「旅まっぷ」登録の例
  • マイページ(Facebookの友達の「旅まっぷ」更新情報を表示)
  • ソーシャルメディア連携(Facebookの友達の旅情報を表示)
  • 旅まっぷオープンフェスタキャンペーンの画面
 BIGLOBEは27日、“行ったことがある”“行ってみたい”宿・ホテルを地図上に登録し、ソーシャルメディア(Facebook・Twitter・mixi)を通して他の利用者に公開できる「旅まっぷ」の提供を開始した。

 「旅まっぷ」は、大手旅行サイトなどが提供する宿泊プランやツアーを横断的に比較・検索できる旅行比較サイト「旅比較ねっと」の一機能として提供するもの。“行ったことがある”“行ってみたい”宿・ホテルを、2万件以上の施設情報からキーワードなどで検索でき、星マークによる5段階評価、ひとことメモとあわせて登録できる。備忘録として活用できる他、テレビや雑誌で見かけた“行ってみたい”宿・ホテルを登録しておくことで、旅行の計画をたてるときに、自分の“行ってみたい”宿リストを簡単に確認できる。

 「旅まっぷ」に登録した情報は、Facebook、Twitter、mixi上で公開することも可能。Facebookと接続すると、「旅比較ねっと」のマイページ上にFacebookの友達の「旅まっぷ」更新状況を表示できる。また、「旅比較ねっと」で宿泊プランを検索すると、その宿・ホテルを訪れたことのあるFacebook上の友達のクチコミ情報が表示される。

 「旅まっぷ」は、パソコン向けに提供するもので、旅会員(無料)に登録することで利用可能。開始当初は、国内の宿・ホテルを登録対象とし、今後は観光スポット、海外の宿泊施設などにも、対象を拡大する。なお提供開始を記念して、5万円分のJTB旅行券やRIMOWAスーツケースなどのトラベルグッズを合計100名にプレゼントする「旅まっぷオープンフェスタ」キャンペーンも開催されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top