IAEA天野事務局長が福島第一原発を視察 | RBB TODAY

IAEA天野事務局長が福島第一原発を視察

ブロードバンド その他

敷地内を視察中の天野事務局長
  • 敷地内を視察中の天野事務局長
  • 天野事務局長、現在示されている福島原発復旧のロードマップは実現性のあるものだとコメント
 IAEA(国際原子力機関)の天野事務局長は福島第一原発を震災後に初めて訪問。その様子がIAEAの公式YouTubeページに掲載されている。

 敷地内を周るバスの中では、「今400マイクロシーベルト/時です」という会話が聞こえる。また原子炉建屋を前に放射能検知器の警告音が鳴り響く中「これ以上(先へ行くこと)はやめたほうがいい」と係員が話す場面もあった。

 天野事務局長はインタビューの中で、今回の訪問の目的は福島第一原発に関する正確な情報の把握だとしている。視察により津波や水素爆発の破壊力を垣間見たとした一方で、ここで働くスタッフの熱意を感じたと述べた。また現在示されている福島原発復旧のロードマップは実現性のあるものだともコメントしている。

}}}
}}}
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top