ヒュー・グラント、英首相に注意を促す | RBB TODAY

ヒュー・グラント、英首相に注意を促す

エンタメ その他

ヒュー・グラント
  • ヒュー・グラント
  • ニューズ・オブ・ザ・ワールド電子版
 ヒュー・グラントがデーヴィッド・キャメロン英首相に、イギリスのタブロイド紙に対する捜査を拡大するよう注意を促した。最近話題になったニューズ・オブ・ザ・ワールド紙による盗聴スキャンダルを受け、ヒューは政府機関がこの一件の「捜査を不適当に取り扱う」恐れがあるとしている。

 著名人はおろか、殺人事件やロンドン同時爆破事件の被害者までもをターゲットにした今回の電話盗聴問題により、同誌は先日廃刊に追い込まれた。頻繁にタブロイド紙のターゲットにされるヒューは、本件への政府の対応に対して「パニックになっている」と、ザ・ガーディアン紙に話している。「こんなにも次から次へと真実が明らかになっているというのに、(ニューズ・オブ・ザ・ワールドの親会社である)ニューズ・インターナショナル社との癒着問題や従順の歴史がある政府が、捜査を不適当に取り扱い、藪の中へと放り込んでしまうことに僕はパニックになっているよ」「言われたことしかしないような臆病な政治家たちのせいで、こんなにもグロテスクな嫌がらせが許されていたんだよ。その理由の一つには、ニューズ・インターナショナルが自分を当選させてくれるとかいう考えがあったんだったんだろうし、脅し的なことも理由にあっただろうね。僕たちの法律を作る人達に対して、ばかげた権力が働いていたのさ」

 そんなヒューは現在、キャメロン首相にタブロイド業界全てを見直すように要求している。「これはキャメロン政権にとっての分岐点だよ。キャメロンが(ニューズ・インターナショナルを所有するルパート)マードック氏に助け舟を出し続けるのか、優れた指導者になるかって話だよ。もし後者を選ぶなら、彼は捜査の拡大を発表すべきだ。メディア、警察、政界をカバーするような捜査をね」
(BANG JAPAN)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top