NEC、「コンテンツ配信クラウドサービス」を販売開始……社員/一般消費者向け配信に対応 | RBB TODAY

NEC、「コンテンツ配信クラウドサービス」を販売開始……社員/一般消費者向け配信に対応

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Android搭載タブレット型端末「LifeTouch」
  • Android搭載タブレット型端末「LifeTouch」
  • 「電子出版 EXPO」サイト(画像)
 NECは6日、電子書籍・映像・音声・ニュースなどさまざまなコンテンツを、PC・スマートフォン・タブレット型端末などあらゆる端末に配信する「コンテンツ配信クラウドサービス」の販売を開始した。7月末よりサービスの提供を開始する。

 「コンテンツ配信クラウドサービス」は、NECがコンテンツ配信プラットフォームを用意し、コンテンツプロバイダ(CP)から提供される電子書籍や映像、ニュース、音楽などのさまざまなコンテンツを、企業や消費者に向けて、端末の種類や情報の形式を問わず配信できるクラウドサービス。NECがCPからさまざまなコンテンツの提供を受け、それらを安全・安心に配信したり管理するためのさまざまな機能を装備しており、動画コンテンツの動きにあわせてテキストデータを流したり、利用者に対し異なるメディアや複数のコンテンツを組み合わせて提供するなども可能。

 NECでは、同社が運用する配信プラットフォームにくわえ、企業内に個別に構築するSI型も提供する。さらにAndroid搭載タブレット型端末「LifeTouch」などの端末までトータルに提案する。サービス形態は、社員向け(7月末提供開始予定)と、一般消費者向け(2011年秋サービス提供開始予定)の2種。NECは、本ソリューションの販売目標として、2015年度末には累計1000社へのサービス提供を目指す。なお、NECは本サービスを7月7日~9日に東京ビッグサイトで開催される「第15回国際電子出版EXPO」に出展する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top