東芝、スリムコンパクトノートPCと液晶一体型AVPCのWeb限定夏モデル | RBB TODAY

東芝、スリムコンパクトノートPCと液晶一体型AVPCのWeb限定夏モデル

IT・デジタル ノートPC

スリムコンパクトノートPC「dynabook R731/W4UC」
  • スリムコンパクトノートPC「dynabook R731/W4UC」
  • スリムコンパクトノートPC「dynabook R731/W4UC」
  • 液晶一体型AVPC「dynabook Qosmio D711/WTTCB」
  • 液晶一体型AVPC「dynabook Qosmio D711/WTTCB」
 東芝は4日、WebオリジナルモデルとしてスリムコンパクトノートPC「dynabook R731/W4UC」と、液晶一体型AVPC「dynabook Qosmio D711/WTTCB」の受注を開始した。販売開始は7月下旬。

■Core i7-2620M vProとブルーレイディスクドライブ搭載の「dynabook R731/W4UC」

 「dynabook R731/W4UC」は、「dynabook R731」シリーズ初のブルーレイディスク搭載モデルで、インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応のIntel Core i7-2620M vProプロセッサー(2.70GHz)と256GB SSDを搭載。価格は「PR7314UCABBW3」が241,800円、Microsoft Office Home and Business 2010 プレインストールモデル「PR7314UCAJBW3」が266,800円。

 電力消費のピーク時間帯に合わせて電力供給をコントロールする「ピークシフト機能」や、起動時間を短縮する「東芝高速スタート」により、省電力にも貢献できるとうたう。液晶は13.3型ワイド(16:9) HD TFTカラーLED。メモリは4GB。OSはWindows 7 Professional 64/32ビット版セレクタブル。

 通信はLANが1000Base-T/100Base-TX/10Base-T+Intel AMT7.0、無線LANがIEEE802.16e-2005とIEEE802.11a/b/g/n準拠。WiMAX/Bluetooth Ver2.1+EDR/インテル・ワイヤレス・ディスプレイにも対応する。本体サイズは幅約316×奥行き227×高さ18.3~26.6mm、重さは1.44kg。

■Core i7-2630QMと地デジチューナー搭載の「dynabook Qosmio D711/WTTCB」

 「dynabook Qosmio D711/WTTCB」は、大画面の21.5型フルHD液晶(1,920×1,080ドット)を備えた液晶一体型AVPC。価格は「PD711TTCBGBW」が149,800円、Microsoft Office Home and Business 2010 プレインストールモデル「PD711TTCBFBW」が174,800円。

 シングルの地上デジタルTVチューナーとインテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応のIntel Core i7-2630QM プロセッサー(2.00GHz)を搭載し、付属品としてワイヤレスキーボード/ワイヤレスレーザーマウスを装備する。液晶は21.5型ワイド(16:9)FHD TFTカラー Clear SuperView(1,920×1,080ドット)。通信はLANが1000Base-T/100Base-TX/10Base-T、無線LANがIEEE802.11b/g/n準拠。

 光学ドライブはブルーレイディスクドライブ。HDDは1TB、メモリは4GB。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。内蔵スピーカーはONKYO製ステレオスピーカー。本体サイズは幅約531×奥行き190×高さ405mm、重さは約8.5kg。
《》

関連ニュース

特集

page top