【WTP2011(Vol.1)】Unicom、新機能を追加した電力の「見える化」ソリューションを展示 | RBB TODAY

【WTP2011(Vol.1)】Unicom、新機能を追加した電力の「見える化」ソリューションを展示

ブロードバンド 回線・サービス

マイクロ・スマート・グリッドソリューションの利用イメージ
  • マイクロ・スマート・グリッドソリューションの利用イメージ
  • Unicomのマイクロスマートグリッドの視点
 5日より開催される「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2011」にて、ユナイテッドコミュニケーションサービスは、無線を用いた「マイクロ・スマート・グリッド ソリューション」を展示する。

 同社は従来家庭内エネルギーを制御するマイクロスマートグリッドの第1弾として、宅内のエアコンや冷蔵庫など主要家電製品の電力の「見える化」や、メインブレーカーから家全体の「電力の見える化」を可能にする無線製品「@touchシリーズ」をリリースしてきた。今回展示される同シリーズの第2弾では、電力の「見える化」に加え、各機器の遠隔制御機能や、電力の使用量に応じたアラーム機能が搭載。さらに蓄電池から蓄電量、使用可能時間、充電状況等の情報を把握できるほか、太陽光発電の発電量や消費量の計測情報も管理できる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top