日本HP、業界初の16Gbps FC対応ダイレクタースイッチ「HP SN8000B Director」発売 | RBB TODAY

日本HP、業界初の16Gbps FC対応ダイレクタースイッチ「HP SN8000B Director」発売

エンタープライズ ハードウェア

SN8000B 8-Slot SAN Director
  • SN8000B 8-Slot SAN Director
  • SN8000B 4-Slot SAN Director
 日本ヒューレット・パッカードは4日、大規模ストレージエリアネットワーク(SAN)環境の統合基盤として16Gbps FC(Fibre Channel)対応のダイレクタースイッチ「HP SN8000B Director」を発表、同日より販売を開始した。7月下旬より出荷を開始する。

 16Gbps FC対応ダイレクタースイッチ「SN8000B Director」は、大規模SAN向けに高信頼性の統合ネットワーク基盤を提供するダイレクタースイッチの最上位モデルとなる。従来の8Gbps FC対応モデルに比べて帯域幅を2倍に拡張することで、大量データを取り扱うプライベートクラウド環境の統合ネットワーク基盤、将来的なシステムの拡張にも対応する。また、ICL(Inter Chassis Link)に専用の銅線ケーブルではなく、接続距離が長い汎用FCケーブルの使用を可能とし、さらにポート数の増加により、ダイレクタースイッチ同士の接続台数を3台から6台に拡大した。16Gbps FC対応のダイレクタースイッチのエンドユーザーへの提供は業界初。

 「SN8000B Director」は、8スロット搭載のクラウドストレージ向けエンタープライズファブリックコアスイッチ「SN8000B 8-Slot SAN Director」と、4スロット搭載のエンタープライズ向けミッドサイズスイッチ「SN8000B 4-Slot SAN Director」の2機種をラインアップする。

 なお、「SN8000B Director」の発表にあわせて、16Gbps FC対応のブレードオプションとして48ポートと32ポートのFCブレードを提供。また、16Gbps FC SANに対応した統合ネットワーク管理ソフトウェア「HP SAN Network Advisor」を新たに提供する。価格はSN8000B 16G-8S Pwr Pack+ SAN Backboneが18,900,000円~、SAN Network Advisor Enterprise使用権が7,875,000円~。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top