ソニー、「Reader」が「.book」に対応……「Reader Store」にてコミック販売開始 | RBB TODAY

ソニー、「Reader」が「.book」に対応……「Reader Store」にてコミック販売開始

IT・デジタル スマートフォン
「.book」フォーマットの書籍/コミックを楽しめるようになった「Reader」
  • 「.book」フォーマットの書籍/コミックを楽しめるようになった「Reader」
  • 「Reader」サポートページ
  • 「Reader Store」トップページ
  • 23日から「Reader Store」にて販売開始を予定するおもな書籍/コミックの一覧
  • 「PRS-350」シルバー
  • 「PRS-350」ピンク
  • 「PRS-350」ブルー
  • 「PRS-650」シルバー
 ソニーは22日、電子書籍リーダー「Reader」向けに、「.book」(ドットブック)フォーマットに対応するアップデートプログラムの無償提供を開始した。「Reader」サポートページからダウンロードする。

 「.book」(ドットブック)フォーマットは電子書籍フォーマットの1つで、ルビや縦書きレイアウトなど日本語特有の表示に対応し、日本国内で多数の書籍、コミックならびに雑誌をサポートする。従来からのXMDFやPDF、Textなどの書籍フォーマット/テキストファイルに「.book」が追加サポートとなることで、ユーザーが選べる電子書籍コンテンツの幅が広がるとしている。

 また、23日からは、ソニーマーケティングが運営する「Reader」向け電子書籍ストア「Reader Store」において、「.book」フォーマット対応の書籍/コミックを販売開始する。国内の「Reader Store」におけるコミック販売はこれが初となり、今回は第1弾として、かわぐちかいじ作「沈黙の艦隊」や二ノ宮知子作「のだめカンタービレ」などコミック約1,360タイトル/約5,700冊をラインアップする。

 コミックのほかに今回販売開始する書籍は、伊坂幸太郎著「チルドレン」や松本清張著「殺人行おくのほそ道(上)(下)」などの約300タイトル/約300冊。コミックと書籍を合計して約1,660タイトル/約6,000冊を予定している。

 さらに8月末までには、奥泉光著「シューマンの指」や西村京太郎著「十津川警部 トリアージ 生死を分けた石見銀山」などの文芸書や、弘兼憲史作「社長 島耕作」や柴門ふみ作「華和家の四姉妹」といったコミックなど、人気の高いコンテンツが続々と追加される予定だという。

 「Reader」は2010年12月に発売され、「Reader Pocket Edition(リーダー ポケット エディション) PRS-350」と「Reader Touch Edition(リーダー タッチ エディション) PRS-650」をラインアップ。ソニーストアでも取り扱い、価格は、PRS-350が19,800円、PRS-650が24,800円。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top