三洋電機、エネループの新ラインアップ「eneloop pro」「eneloop plus」 | RBB TODAY

三洋電機、エネループの新ラインアップ「eneloop pro」「eneloop plus」

IT・デジタル その他

eneloop pro
  • eneloop pro
  • eneloop pro
  • 単3形eneloop pro4個付充電器セット
  • eneloop plus
  • eneloop plus
  • 単3形eneloop plus4個付充電器セット
  • 単3/4形ニッケル水素電池専用充電機能付キャリングケース(ブラック)
  • 単3/4形ニッケル水素電池専用充電機能付キャリングケース(ブラック)
 三洋電機は、くり返し使用が可能な充電池「eneloop(エネループ)」の新ラインアップとして「eneloop pro(エネループ プロ)」「eneloop plus(エネループ プラス)」を発表した。

 「eneloop pro」は、単3形2個セット(HR-3UWX-2BP)/同4個セット(HR-3UWX-4BP)同単3形4個付充電器セット(N-TGR01WS)をラインアップ。2個セットのメーカー希望小売価格は1,260円。4個セット/4個付充電器セットの価格はオープンで、予想小売価格は1,900円/4,500円前後。販売開始は、2個/4個セットが7月21日、4個付充電器セットが9月21日。

 同製品は、従来の「eneloop」(Min.1900mAh)との比較で約25%大容量化(Min.2400mAh)したもので、より長時間の使用が可能。また「eneloop」の自然放電抑制技術を採用し、フル充電後に1年間放置した場合でも、約75%の残存率(残存容量約1800mAh)を維持するという。なお、従来の充電器でも充電することができる。

 「eneloop plus」も、単3形2個セット(HR-3UPT-2BP)/同4個セット(HR-3UPT-4BP)同単3形4個付充電器セット(N-TGN01PS)をラインアップ。メーカー希望小売価格/予想小売価格ともに未定となり、「eneloop pro」と同等もしくは若干の上昇となる見込み。いずれも販売開始は12月1日。
 
 同製品は、 電池本体内にポリマー系のPTCサーミスタを内蔵。現行モデルと同等の性能を確保しつつ、誤使用時の電池温度上昇を抑制し、子供のおもちゃなどに安心して使用できる信頼性を向上させた。こちらも、従来の充電器で充電することができる。

 上記2種にくわえ、充電パッドでワイヤレス充電できる国際標準規格「Qi(チー)」対応の「単3・単4形ニッケル水素電池専用充電機能付キャリングケース」を発表。ホワイト(N-WL01S-W)とブラック(N-WL01S-K)の2色展開となり、単3形「eneloop」を2個同梱する。販売開始は7月21日。価格はオープンで、予想小売価格は2,000円前後。
《》

関連ニュース

特集

page top