ネットアップ、企業データの災害対策アセスメントを期間限定で無償提供 | RBB TODAY

ネットアップ、企業データの災害対策アセスメントを期間限定で無償提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

レポートイメージ
  • レポートイメージ
  • アセスメントの観点
 ネットアップは8日、企業データの災害対策(DR)における課題を抽出し、効果的なDR対策に向けた方向性を提示するDRアセスメントを、期間限定で無償提供するプログラムを開始した。

 東日本大震災以降、自社の情報システムのDR対策の実効性やサービスレベルが十分に整っているかどうかに不安を感じている企業のIT担当者にヒアリングを実施。そのうえで、DR対策の実態を総合評価し、抽出した課題の中から、優先度の高い課題解決に向けた方針とアクションアイテムを提示する。具体的には、担当者へのヒアリングを実施(約2時間の打合せを1回)、ネットアップによるレポート作成(約1週間)、レポートの提出と報告会の実施(約1時間の報告会を1回)という流れとなる。

 受付期間は6月8日~8月31日で、ネットアップストレージを利用していなくても可能(申し込み多数の場合、対応できないケースもあり得るとのこと)。DRの実施レベルを総合評価した「総評」、確認できた「課題」、そのなかでも優先度を上げて実施すべき「重点課題」、課題解決に向けた方針とアクションアイテムである実施方針」が成果物に含まれる内容となる。レポートはPDFファイルにて提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top