パナソニックセミコンダクター社、高速動作のスマートテレビ用システムLSI「UniPhier」開発 | RBB TODAY

パナソニックセミコンダクター社、高速動作のスマートテレビ用システムLSI「UniPhier」開発

エンタープライズ ハードウェア
UniPhier(ユニフィエ)システムLSI
  • UniPhier(ユニフィエ)システムLSI
  • 暫定仕様
 パナソニックセミコンダクター社は7日、1.4GHzで動作する高速デュアルコアCPUを搭載した、スマートテレビ用システムLSI「UniPhier(ユニフィエ)(品番:MN2WS0220シリーズ)」を発表した。6月よりサンプル出荷を開始する。

 「スマートテレビ」は、テレビ放送とインターネット上のさまざまなアプリケーションやコンテンツを組み合わせ、各種サービスを同時に実現できるテレビ製品。一方、パナソニックの「UniPhierプロセッサ」は、高品質なAVコンテンツ処理を可能とするLSIとなる。映像・音声の符号化および復号化処理やネットワーク通信のための情報処理を高品質に実行する実績がある。

 「UniPhier(MN2WS0220シリーズ)」では、中核となる命令並列プロセッサを高性能化するため、ネットワーク対応アプリケーション処理に優れた高速デュアルコアCPU(ARM Cortex-A9 Dual)を搭載した新アーキテクチャを採用。映像・音声コーデックに加え、スマートテレビに必須のフルHD対応の高性能化により、グラフィックスと映像とが融合した多彩な表現を可能とし、かつ、システムの消費電力を約40%削減可能とした。これにより、スマートテレビの高性能化や高画質化が容易に実現可能となる見込みだ。

 UniPhierプロセッサと高速デュアルコアCPU、高性能3Dグラフィックス回路間で外部メモリを共有し、それぞれのアクセスを最適にスケジューリングする、ユニファイド メモリアーキテクチャ搭載の1チップシステムLSIインテグレーション技術により実現した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top