NTTデータ、オフィス環境をクラウドでトータルに提供する「BizXaaS Office」開始 | RBB TODAY

NTTデータ、オフィス環境をクラウドでトータルに提供する「BizXaaS Office」開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

システム利用イメージ
  • システム利用イメージ
  • 新メニューの位置付け
  • Microsoft製品を利用したサービスラインアップ
 NTTデータは27日、クラウドサービス「BizXaaS(ビズエクサース)プラットフォームサービスSaaSサービス」において、オフィス向けとなるクラウドサービス「BizXaaS Office」を発表した。30日より提供を開始する。

 「BizXaaS Office」は、社員のパソコンの環境をクラウドで提供する、デスクトップサービス(DaaS:Desktop as a Service)と、Microsoft製品を利用したファイルサーバサービス、メールサービス、文書管理サービスを提供するものとなっている。同社では、本サービスの利用により、サーバの自社保有が不要となることや、シンクライアント活用による在宅勤務を推進できることなどで、オフィスの省電力化、災害時のBCP(事業継続計画)に貢献できるとしている。なおNTTデータ社内でも、電力総量規制対策にともなうテレワーク推進ソリューションとして、デスクトップサービスについて5月2日より試行運用を開始しているとのこと。

 NTTデータはこれまで「BizXaaSプラットフォームサービス」のアプリケーションサービス (SaaS) として、各種フロントオフィス、バックオフィス系のアプリケーションを提供しており、今回、シンクライアントと親和性の高いMicrosoft製品を利用したオフィスコミュニケーションサービスを新たにメニューに加えたものとなる。

 デスクトップサービス(DaaS)では、仮想PC型とサーバ共有型のシンクライアント環境へ、Citrix ICAまたはMicrosoft RDPで接続する環境を用意し、ユーザの要件に応じて提供。提供するシンクライアント端末は、日本HP社、ワイズテクノロジー社のBOX型シンクライアント、ノート型シンクライアントなどを用意し、今後さらに拡大予定。iPadなどのタブレットPC(スレートPC)やスマートフォンなどのあらゆるデバイスから接続可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top