J:COMと朝日新聞、双方向テレビサービスによる地域ニュースの配信を開始 | RBB TODAY

J:COMと朝日新聞、双方向テレビサービスによる地域ニュースの配信を開始

ブロードバンド 回線・サービス

サービスの利用イメージ
  • サービスの利用イメージ
  • 双方向テレビサービス「インタラクTV」
 ジュピターテレコム(J:COM)と朝日新聞は25日、「朝日新聞」の地域ニュースコンテンツをJ:COMの双方向テレビサービス「インタラクTV」向けに配信することで合意したと発表した。

 「インタラクTV」は、テレビを通して防犯・防災情報や行政情報、生活情報などのコンテンツを閲覧できるサービス。2011年4月末時点で約190万世帯が加入している。今回の朝日新聞との合意により、朝日新聞により配信される地域ニュースがコンテンツに加わることになる。

 対象地域はJ:COMがサービスを展開する14都道府県(北海道、宮城、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、和歌山、兵庫、山口、福岡)の一部地域で、6月1日に提供を開始する。配信時間は新聞発行日の午前6時台となる。J:COMの双方向機能がついたデジタルテレビサービスの加入者は無料で閲覧することができる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top