世界初のスーパーハイビジョン対応ディスプレイ!NHKとシャープが開発 | RBB TODAY

世界初のスーパーハイビジョン対応ディスプレイ!NHKとシャープが開発

IT・デジタル テレビ

発表されたスーパーハイビジョン対応液晶ディスプレイ
  • 発表されたスーパーハイビジョン対応液晶ディスプレイ
  • 共同で発表を行ったNHK専務理事・技師長の永井研二氏(左)とシャープ常務執行役員 研究開発本部長 兼 知的財産権本部長の水嶋繁光氏(右)
 日本放送協会とシャープは19日、共同でスーパーハイビジョンに対応する85V型液晶ディスプレイを開発したと発表した。直視型ディスプレイでは世界初。26日から開催される「NHK技術研究所一般公開」(NHK技研公開)で展示予定となっている。

 スーパーハイビジョンは、ハイビジョンの次の技術で1995年から研究開発がスタートしていた。放送開始は2020年とまだ先だが、画素数はハイビジョンの16倍となる約3,300万画素(横7,680×縦4,320画素)となっている。

 シャープの液晶技術「UV2A」を採用することで、表示性能が極めて高い直視型液晶ディスプレイを実現した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top