パナソニック、節電対策として「レッツノート」ピークシフト制御ユーティリティを無償提供 | RBB TODAY

パナソニック、節電対策として「レッツノート」ピークシフト制御ユーティリティを無償提供

IT・デジタル ノートPC

バッテリ/AC駆動を自動コントロールする
  • バッテリ/AC駆動を自動コントロールする
  • 2011年夏モデルもすべて対象機種となる
 パナソニックは18日、ノートPC「Let'snote(レッツノート)」向けのピークシフト制御ユーティリティを発表した。5月27日と6月下旬から、同社サイトで無償ダウンロード提供を行なう。

 ピークシフト制御ユーティリティは、同社独自の電源制御によりバッテリ駆動とAC電源駆動を自動コントロールするもの。電力需要が低い時間帯でのAC電源駆動/バッテリ充電と、電力需要がピークになる時間帯でのバッテリ駆動を自動的に切り換える。

 ピークシフトの時間帯は2パターンまで設定可能で、1日あたり最長12時間まで制御できる。また、ピークシフト制御中に確保したいバッテリ残量を25~75%の範囲内(任意)で設定可能。バッテリ残量が任意設定値を下回る場合は、自動で充電を開始する。

 無償ダウンロード提供開始日と対象機種は次のとおり。

 5月27日より提供開始:2011年夏モデルのCF-S10/N10/B10/J10/C1、2011年春モデルのCF-S10/N10/B10/F10
 6月下旬より提供開始:2010年冬モデルのCF-S9/N9/J9/F9、2010年夏モデルのCF-S9/N9/J9/C1/F9、2010年春モデルのCF-S9/N9/J9/F9/T9/W9/Y9(T9/W9/Y9は法人専管モデル)
《》

関連ニュース

特集

page top