BIGLOBEクラウドホスティング、大規模企業向けサービスを強化…SLA導入や消費電力削減など | RBB TODAY

BIGLOBEクラウドホスティング、大規模企業向けサービスを強化…SLA導入や消費電力削減など

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サービス強化のイメージ
  • サービス強化のイメージ
  • サービス強化の一覧
 NECビッグローブ(BIGLOBE)は10日、IaaS型パブリッククラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」において、サービス品質保証制度(Service Level Agreement、SLA)の導入やセキュリティの強化を実施することを発表した。

 大規模企業を中心にニーズが高かった安定稼働を保証するSLAを導入し、サーバ稼働率99.99%の品質保証を実現する。また、有償オプションとして「IPsec-VPN」を追加し、BIGLOBEデータセンターと利用企業のデータセンター間を仮想的な専用線で繋ぎ、高い暗号化技術を使用して通信可能とする。さらに「Webアプリケーションファイアウォール(WAF)」を追加し、通常のファイアウォールでは防ぐことのできない、Webアプリケーションのぜい弱性を突いた攻撃(SQLインジェクションによる不正アクセスなど)を防御する。これらの機能強化は5月25日より提供開始の予定。

 自社で運用している非仮想化サーバを本サービスの仮想化サーバに置き換えることで、自社サーバの消費電力をなくすとともに、サービス全体におけるサーバの消費電力を約60%削減できるため、本年夏に政府から発令が見込まれている「電力使用制限令(消費電力15%削減)」に対し、有効な対策となる見込みとのこと。同社では今後3年間で累計3,000社への導入、売上80億円を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top