アップル、Core i7やThunderboltを搭載した新型iMacを発表 | RBB TODAY

アップル、Core i7やThunderboltを搭載した新型iMacを発表

IT・デジタル デスクトップPC

アップルが発表した新型iMac
  • アップルが発表した新型iMac
  • 新型iMac21.5インチモデル(左)と27インチモデル
  • iMacの背面には、ポートのほかに目立つものがなく、シンプルなデザイン
  • iMacの側面
  • iMacは、ワイヤレスキーボードと、Magic MouseもしくはMagic Trackpadを標準で装備
 アップルは3日、CPUに第2世代Core iシリーズ(開発名:Sandy Bridge)を採用し、Thunderbolt I/Oインターフェイステクノロジーを搭載したオール・イン・ワン型のiMacを発表した。同日より直営店・オンラインのApple Store、iMac取扱販売店にて販売を開始。同機は従来のモデルと比べ、最大70%高速化、グラフィックスの性能が最大3倍に向上したという。

 今回発表されたiMacには、21.5インチモデルと27インチモデルが用意されている。

 21.5インチ(1,920×1,080)モデルは、2.5GHzのIntel Core i5プロセッサ、AMD Radeon HD6750、500GBのHDDを搭載したモデル(108,800円)と、2.7GHzクアッドコアIntel Core i5、AMD Radeon HD 6770M、1TBのHDDを搭載したモデル(134,800円)の2種類が用意されている。同モデルには、1基のThunderboltポートが搭載。

 27インチ(2,560×1,440)モデルは、2.7GHzのクアッドコアIntel Core i5、AMD Radeon HD 6770M、1TBのHDDを搭載したモデル(154,800円)と、3.1GHzのクアッドコアIntel Core i5、AMD Radeon HD 6970M、1TBのHDDを搭載したモデル(178,800円)がある。同モデルには2基のThunderboltポートが搭載されている。

 さらにCTOオプションとして、最大3.4GHzのIntel Core i7プロセッサ、最大2TBのHDD容量、256GBのSSD、DDR3追加メモリ、AppleCare Protection Planが用意されている。

 Thunderboltは、RAIDアレイのような外付けの高速周辺装置にPCI Expressで直接接続可能。コンシューマ向けのFireWireやUSBの機器、ギガビットEthernetのネットワークにもアダプタを介して接続できる。また高解像度ディスプレイ用にDisplayPortをサポートするほか、HDMI、DVI、VGAディスプレイ用の既存のアダプタにも対応する。

 またFaceTime HDカメラを内蔵しており、FaceTime HD対応のMacやiPad 2、iPhone 4、現行のiPod touchとの間でビデオ通話を利用できる。OSは、Mac OS X Snow Leopard。写真やムービー、音楽の作成・共有ができるiLife'11が標準インストールされている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top