アップル、「位置情報データに関するAppleのQ&A」を公開…原因は「未解決のバグ」 | RBB TODAY

アップル、「位置情報データに関するAppleのQ&A」を公開…原因は「未解決のバグ」

エンタープライズ モバイルBIZ

「位置情報データに関するAppleのQ&A」ページ
  • 「位置情報データに関するAppleのQ&A」ページ
  • iPhoneでは、本来個別のアプリごとに位置情報の通知のオンオフが可能となっている
 アップルは28日、iPhone/iPadがユーザーの位置情報をひそかに収集していたと噂される問題を受けて、「位置情報データに関するAppleのQ&A」と題する文書を公開した。

 文書は、10の質問と回答から構成されており、質問として「Appleはなぜ私のiPhoneの位置を追跡しているのですか?」「私のiPhoneはなぜ私の居場所を記録するのですか?」「iPhone上に最大で1年分に相当する位置データを見つけた人々がいますが、なぜiPhoneが現在の自分の位置を見つけるのにそこまで大量のデータが必要なのですか?」「位置情報サービス機能を切っても、iPhoneが時々Appleのクラウドソースのデータベースを使ってWi-Fiホットスポットや携帯電話基地局のデータの更新を続けるのはなぜですか?」といった質問が寄せられている。

 これに対してアップルは、「Appleではお客様のiPhoneの位置を追跡していません。過去にそれを実施したこともありませんし、今後もそれを実施する計画はまったくありません」と回答し、まず今回の噂を公式に否定した。

 同文書によると、iPhoneはユーザーの居場所=位置情報を記録しておらず、iPhoneの位置の割り出しには、何千万台という数のiPhoneが付近のWi-Fiホットスポットや携帯電話基地局のジオタグ付き位置情報を匿名・暗号化した状態でAppleに対して送信して生成された、Wi-Fiホットスポットと携帯電話基地局のデータを集めたクラウドソース(crowd-sourced)のデータベースを利用しているとした。そしてそのサブセット(キャッシュ)がダウンロードされ、iPhone本体に保存されているとした。

 さらにAppleは、iPhoneが大量の位置データを保存してしまうのは「未解決のバグ」が原因だとし、このキャッシュのバックアップを、近日公開のソフトウェア・アップデートにより終了する計画であることも明らかにした。これにより今回の“誤解”を決着させたい模様だ。今後数週間の間にAppleは、iPhone上にキャッシュされるクラウドソースのWi-Fiホットスポットや携帯電話基地局に関するデータベースのサイズを削減し、このキャッシュのバックアップを終了させ、「位置情報サービス」機能を切った場合には完全に削除するiOSソフトウェア・アップデートを無償で提供する予定だ。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top