ソニー、秋以降にAndroid端末「Sony Tablet」が販売開始! | RBB TODAY

ソニー、秋以降にAndroid端末「Sony Tablet」が販売開始!

IT・デジタル モバイル

「Sony Tablet(ソニータブレット)」の「S1(左)」と「S2(右)」
  • 「Sony Tablet(ソニータブレット)」の「S1(左)」と「S2(右)」
  • ソニーQriocityロゴ
  • オンラインブックストア「Reader Store(リーダーストア)」のトップ画面
 ソニーは26日、OSにAndroid3.0を採用したタッチ液晶タブレット「Sony Tablet(ソニータブレット)」で9.4型液晶「S1」/5.5型ダブル液晶「S2」の2機種を発表した。全世界で秋以降に順次、販売開始する。

 「Sony Tablet」は、Android3.0とタッチパネル液晶を搭載したタブレット端末。Wi-FiやWANの通信機能を装備し、メールの送受信やインターネットの閲覧をはじめ、オンラインでのビデオやゲームを楽しめるほか、電子書籍などさまざまなコンテンツを利用できる。

 コードネームが「S1」の9.4型タッチ液晶モデルは、重心を片側に寄せた偏重心デザインを採用することで持ちやすく、長時間の利用での快適性を追求。同「S2」は5.5型タッチ液晶を2画面搭載し、片側1画面ずつ折りたたみコンパクトに持ち運べるデザインとした。1画面に映像、もう1画面にタッチボタンを表示させて利用することもできる。

 映像/音楽などのコンテンツを配信する同社のネットワークサービス「Qriocity(キュリオシティ)」に対応する予定。また、「PlayStationSuite(プレイステーション スイート)」で、高いゲームプレイクオリティを維持した初代PlayStationの名作タイトル等を楽しめるという。さらに、オンラインブックストア「Reader Store(リーダーストア)」の電子書籍販売サービスとも連携する。

 テレビなどさまざまなAV機器との連携機能も備える予定で、たとえば、S1は赤外線機能により同社製液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」のリモコンとして利用可能。また、「S1/S2」の両機種ともDLNAで接続し、タブレットに保存している写真や動画などをテレビの大画面に映し出したり、音楽をワイヤレススピーカーに出力できるとしている。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top