バッファロー、従来比1.5倍で最大450Mbpsの高速通信対応の無線LANルータ | RBB TODAY

バッファロー、従来比1.5倍で最大450Mbpsの高速通信対応の無線LANルータ

IT・デジタル 周辺機器

「WZR-HP-G450H」
  • 「WZR-HP-G450H」
  • 幅35mmのスリムボディ
  • 横置き
  • 従来の2ストリームと今回の3ストリームとの比較
  • 「ムービーエンジン・スイッチ」
  • USB複合機の共有化のイメージ
  • USB外付けHDDとの接続イメージ(外付けHDDは別売)
  • ホームサーバーとしての利用イメージ
 バッファローは、従来比1.5倍の高速転送速度となる最大450Mbps(規格値)を可能とした802.11b/g/n対応の無線LANルータ親機「WZR-HP-G450H」を発表した。販売開始は6月上旬。希望小売価格は16,485円。

 「WZR-HP-G450H」は、同社製無線LANブランド「Air Station NFINITI HighPower(エアステーション エヌフィニティ ハイパワー)」の新製品で、3本の可変アンテナを搭載し、3つの通信経路(3ストリーム)を使い転送速度を高速化。従来の2ストリームモデルとの比較で、規格値において最大300Mbpsよりも1.5倍速い最大450Mbpsとした(450Mbps対応子機との使用が条件)。

 802.11b/g/n対応のため汎用性が高く、PCやゲーム機をはじめ携帯電話、スマートフォンなど2.4GHz帯を使用する機器と無線LAN接続が可能。本体前面に「ムービーエンジン・スイッチ」を備え、ストリーミング映像やインターネット番組の映像再生に最適な設定変更を同スイッチのON/OFFで簡単に行なえる。また、子機側の位置や距離に応じて親機からの送信タイミングを自動調整し、到達距離・速度を向上させる技術「ビームフォーミング」を搭載する。

 「ゲストポート」機能を搭載しており、来訪者の所有するPCやスマートフォンにインターネット接続だけを許可することが可能。プリンタやスキャナ、複合機などのUSB機器を「WZR-HP-G450H」とUSB接続し、複数のPCと無線LANで共有化を図れる。さらに、USB外付けHDDやUSBメモリ、USBカードリーダーなどとの接続も可能で、簡易NASとしてホームサーバーのような利用にも対応する。

 対応OSはWindows 7(32/64ビット版)/Vista(32/64ビット版)/XP(MCE含む)/2000、Mac OS X 10.4~10.6、ただし添付のユーティリティソフトなどに非対応の場合がある。1,000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANにも対応。本体サイズは幅35×高さ158×奥行き165mm(アンテナ/スタンド除く)、重さは約404g(スタンド除く)。付属品は縦置き・横置き用スタンド(ゴム足付き、壁掛け機能あり)/壁取付け用ねじ×2/LANケーブル(ストレート、2m)/ACアダプタなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top