【フォトレポート】Android 3.0搭載の「レグザタブレット AT300」を写真でチェック | RBB TODAY

【フォトレポート】Android 3.0搭載の「レグザタブレット AT300」を写真でチェック

IT・デジタル フォトレポート

「レグザタブレット AT300」は6月下旬から発売予定、価格は60,000円前後
  • 「レグザタブレット AT300」は6月下旬から発売予定、価格は60,000円前後
  • 10.1型ワイド液晶搭載で厚さ約15.8mm、重さ約765g(予定値)
  • 東芝初のタブレット端末はプロセッサにデュアルコアのNVIDIA Tegra 2(1.0GHz)を搭載
  • 液晶テレビからスマートフォンまでラインアップされたレグザワールド
  • 周囲の明るさを検知して鮮やかな映像に自動調整する「アダプティブ ディスプレイ」搭載
  • 低解像度の映像を高精細にする「レゾリュ―ションプラス」を搭載(右が処理後画面)
  • 42インチ大画面液晶テレビとの対比
  • 拡張クレードルを使用すれば液晶テレビ前などへの設置も可能
 東芝が20日発表した同社初のタブレット端末「レグザタブレット AT300」。ここでは同端末を写真で紹介する。

 同機種はOSにAndroid 3.0を搭載した10.1型タブレット。プロセッサにデュアルコアのNVIDIA Tegra 2(1.0GHz)を搭載し、記憶容量は16GBフラッシュメモリ(eMMC対応)、メモリは1GB。前面に有効画素数約200万画素、背面に同約500万画素のwebカメラを搭載し、連続動作再生時間は最大約7時間(予定値)。 ほかに無線LAN(IEEE 802.11b/g)、Bluetoothなど。販売開始予定は6月下旬、予想実売価格は60,000円前後。
《》

関連ニュース

特集

page top