ベリサイン、“PDF電子署名用電子証明書”が発行可能なサービスを発表 | RBB TODAY

ベリサイン、“PDF電子署名用電子証明書”が発行可能なサービスを発表

エンタープライズ セキュリティ

製品の仕組みおよび署名ステータスのイメージ
  • 製品の仕組みおよび署名ステータスのイメージ
  • 電子署名検証済みイメージ(1)
  • 電子署名検証済みイメージ(2)
  • 電子署名未検証イメージ
 日本ベリサインは19日、PDF文書作成にあたり、その作成者の実在性、作成日時の真正性および文書が改ざんされていないことを文書の受け取り手が確認できる、“PDF電子署名用電子証明書”が発行可能な「ベリサイン マネージドPKI for Adobe CDS」を発表した

 「ベリサイン マネージドPKI for Adobe CDS」が発酵する電子証明書では、Adobe Readerがインストールされていれば、「誰が」「いつ」作成した電子文書であるかを、PDF文章を開くだけで確認できる。PDF文書の受け取り手がAdobe Readerをインストール後、その設定をいっさい変更することなしに、対象文章を開くと自動でPDF文書の電子署名検証が行われ、「信頼できる(Trusted)」状態となる。

 PDF文書を作成する側においても、AcrobatまたはPDF文書作成ソフトウェアを使用してPDF文書作成し、電子署名を行う際に、同サービスからの証明書を取得するだけで、インターネットから時刻情報をサーバが取得し、その時刻とともに電子署名を行うタイムスタンプを自動的に付与する。

 「ベリサイン マネージドPKI for Adobe CDS」では、簡単に発行する電子証明書の枚数を追加できるので、最初は広報部がプレスリリース用に、次にはマーケティング部がメールマガジン用にといった利用方法も可能となっている。価格は企業/部署用 電子証明書の署名回数5000回までで20万円/年など。「ベリサイン マネージドPKI for Adobe CDS」は「ベリサイン マネージドPKI」のオプションで、製品出荷は6月の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top