机や壁、ペットボトルをスピーカーに変える、iPhone/iPod対応外付けスピーカー | RBB TODAY

机や壁、ペットボトルをスピーカーに変える、iPhone/iPod対応外付けスピーカー

IT・デジタル その他

「ピタッとスピーカーplus」(型番:DN-B300)のiPhoneと接続した利用イメージ(iPhoneは別売)
  • 「ピタッとスピーカーplus」(型番:DN-B300)のiPhoneと接続した利用イメージ(iPhoneは別売)
  • PCとの接続イメージ
  • ホワイト
  • ホワイトのパッケージ
  • ピンク
  • ブラック
  • 利用例(従来品「ピタッとスピーカー」でのイメージ)
  • 付属品
 デバイスネットは18日、机や壁をはじめ段ボール箱やペットボトルなどに接着し、スピーカー代わりに利用できる「ピタッとスピーカーplus」(型番:DN-B300)を発表した。販売開始は22日。価格はオープンで、予想実売価格は3,980円前後。

 「ピタッとスピーカーplus」は、iPhone/iPod、スマートフォンやポータブルオーディオプレーヤー、携帯ゲーム機などと3.5mmステレオミニで接続して利用する外付けスピーカー。音の振動を伝導させることで“いろんなものをスピーカーに!”とうたう。

 その仕組みは、粘着シールか吸盤で接着すると、接着した対象物を振動させて音を鳴らすというもの。段ボール箱やペットボトル、ホワイトボード、スーツケース、バスルームのアクリル製の扉など、振動するものであればさまざまなものが対象物となる。

 2010年1月発売の「ピタッとスピーカー」(型番:DN-A002)の上位モデルで、従来品は電源が単4形乾電池×3(連続駆動時間は約8時間)のみであったが、新製品ではこれに加えてUSBバスパワーにも対応。また、従来品は接続機器で音量調整を行なうが、新製品では本体にボリュームコントローラーを備えた。

 本体カラーはホワイト/ピンク/ブラックの3色を用意。本体サイズは幅80×高さ17×奥行き43mm、重さは85g(本体+スピーカー)。付属品は接続コード/USBコード/専用粘着シール×3/吸盤/ポーチなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top