【地震】JVC・ケンウッド・ホールディングス、被災地へ無線通信機や聴取補助システム付きラジオ | RBB TODAY

【地震】JVC・ケンウッド・ホールディングス、被災地へ無線通信機や聴取補助システム付きラジオ

IT・デジタル その他

特定小電力トランシーバーのラインアップが豊富なケンウッド
  • 特定小電力トランシーバーのラインアップが豊富なケンウッド
  • ラジオは日本ビクター製となる
 JVC・ケンウッド・ホールディングスは、被災地に向けてケンウッド製の特定小電力トランシーバー100台とアマチュア無線機5台、日本ビクター製の聴取補助システム付きラジオ300台を寄贈した。

 同社はすでに16日付けで、デジタル簡易無線200台と特定小電力トランシーバー100台の寄贈を発表。今回はこれに加えての追加支援となる。また、同社と同社グループ従業員によるマッチングギフト方式の義援金と、海外の関係会社や代理店などからの義援金を合わせた1500万円の寄付も行なうとしている。

 同社は日本ビクターとケンウッドが経営統合し、08年に設立した共同持株会社。
《小口》

関連ニュース

特集

page top