【地震】スカパーJSAT、支援機関へ衛星通信サービスを提供 | RBB TODAY

【地震】スカパーJSAT、支援機関へ衛星通信サービスを提供

ブロードバンド 回線・サービス

スカパーJSAT
  • スカパーJSAT
 スカパーJSATは、東北太平洋沖地震の発生を受け、警察庁・防衛省や、通信キャリア、米軍などの災害支援機関による利用を優先とした、トランスポンダ(衛星中継器)の割当を実施したと発表。

 また東北電力など電力会社間での利用帯域の確保を支援するとともに、同社のSuperbird-B2衛星の空き帯域を優先的に割り当てていくという。さらに被災地にて電話やインターネット/ビデオなどの通信が可能となる、超小型地球局を利用した衛星通信ネットワーク「VSATサービス」については、現在同社が保有する超小型可搬地球局(8式)を要請に応じて随時貸し出していく。

 同社は「地上系のインフラが不安定な中で、衛星系のサービスが被災地との情報収集に一役担えれば」とコメントしている。

 またスカパーJSATグループでは、被災者支援および被災地復興のため、5,000万円を義援金として寄付することを決定している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top