2010年第4四半期の国内携帯電話出荷台数、前年同期比7.0%増の925万台……IDC調べ | RBB TODAY

2010年第4四半期の国内携帯電話出荷台数、前年同期比7.0%増の925万台……IDC調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

2010年 第4四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別シェア
  • 2010年 第4四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別シェア
  • 2010年 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別シェア
 IDC Japanは11日、国内携帯電話市場の2010年第4四半期(2010年10~12月)、および2010年の出荷台数を発表した。2010年第4四半期の国内出荷台数は、前年同期比7.0%増の925万台となった。

 国内携帯電話市場は、前四半期に引き続き5四半期連続のプラス成長。とくに全通信事業者からAndroid OS搭載のスマートフォンが市場投入されたことが大きく、スマートフォン出荷実績において、Android OS搭載スマートフォン端末が150万台以上の出荷を記録し、iPhone端末を大きく上回った。なお2010年通年における携帯電話全体の出荷台数は、前年比6.8%増の3,615万台に拡大した。

 2010年第4四半期における端末ベンダー別シェアでは、スマートフォン市場で最大出荷数値を記録しているシャープが、今回も第1位を獲得。同社の獲得シェアは24.5%となり、この結果、19四半期連続してトップの地位を維持している。また第2位には、安定したドコモ向け端末出荷を維持し、かつスマートフォン市場においては「REGZA」端末が好調な富士通・東芝(シェア18.1%)が入った。第3位にはNECカシオ(12.7%)がランクインしており、これにより同四半期は、「合弁会社組」が上位を占める結果となった。2010年の年間におけるベンダーシェアでは、シャープの第1位は変わらず(年間獲得シェア24.6%)、次いで第2位に富士通・東芝(17.1%)。第3位以下は、パナソニックモバイル、NECカシオとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top