オリンパス、GPS/電子コンパスを搭載したデジカメ「Tough」シリーズの最新モデル | RBB TODAY

オリンパス、GPS/電子コンパスを搭載したデジカメ「Tough」シリーズの最新モデル

IT・デジタル デジカメ

シリーズ最上位モデル「Tough TG-810」シルバー
  • シリーズ最上位モデル「Tough TG-810」シルバー
  • 背面
  • 縦持ち
  • 上面
  • 「Tough TG-810」ブラック
  • オプションのシリコンカバー「CSCH-94」(3,150円)
 オリンパスイメージングは10日、防水/防塵仕様のコンパクトデジタルカメラの新シリーズ「Tough(タフ)」の最上位モデルとして「TG-810」を発表。販売開始は3月下旬を予定。価格はオープンで、予想実売価格は43,000円前後。

 開発当初から水中や雪山などアウトドアでの利用を想定した「Tough」シリーズは、防水・耐衝撃・耐低温・耐荷重などの性能を重視。下位モデル「TG-310」はすでに販売されており、続く中位モデル「TG-610」は3月18日から販売を開始。今回新たに登場した「TG-810」はシリーズ中最も「タフさ」を意識した上位モデルとなり、「TG-310」が3m、「TG-610」が5mだった防水機能を10mに拡大したほか、耐衝撃2m、耐荷重100kgfとなっている。

 また、先行2モデルに搭載されている3Dフォト撮影機能や最大1,280×720ピクセルでのハイビジョン動画(MPEG-4 AVC/H.264)撮影機能に加え、「TG-810」にはGPSと電子コンパス機能を追加。撮影時に国やランドマークを自動記憶し、撮影後はカメラ画面の地図から関連の撮影画像を呼び出すことができる。

 サイズは幅100.2×高さ64.5×奥行き26mm、重さは221g(バッテリ/メモリカード含む)。有効画素数は1,400万画素、液晶は3型。焦点距離は5~25mm(35mm判換算28~140mm)、ズームは光学5倍。対応メディアはSD/SDHC/ SDXCカードとなり、静止画保存形式はJPEG/RAW/JPEG+RAWに対応する。
《》

関連ニュース

特集

page top