NTT西、クラウドビジネスに本格参入……「Bizひかりクラウド」でクラウドサービスを体系化 | RBB TODAY

NTT西、クラウドビジネスに本格参入……「Bizひかりクラウド」でクラウドサービスを体系化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Bizひかりクラウド サービス概要
  • Bizひかりクラウド サービス概要
  • 自治体、企業等向けメニュー(参考)
  • 価格表(Bizひかりクラウド ワークスタイル/プラットフォーム オールインワンネットワーク)
  • 価格表(Bizひかりクラウド プラットフォーム ホスティング)
  • 企業コミュニティー向けサービス利用イメージ(参考)
  • 医療コミュニティー向けサービス利用イメージ
 西日本電信電話(NTT西日本)は8日、NTTスマートコネクトなどのNTT西日本グループ各社と連携し、クラウドビジネスに本格参入することを正式発表した。「Bizひかりクラウド」の名称で、9日からサービス提供を開始する。

 「Bizひかりクラウド」は、NTT西日本グループが今後提供するクラウドサービスを体系化したものとなる。医療機関、教育機関等団体(コミュニティー)向けクラウドサービスをイージーオーダー型で提供する、通信キャリアの光ネットワーク、データセンターを基盤とし、NTT西日本の営業エリア全30府県に設置しているデータセンター(全39拠点)を活用する。従来のノウハウを活かしたクラウド診断も標準で提供する。

 サービスラインナップとしては、SaaS中心の「Bizひかりクラウド ワークスタイル」、ホスティングサービス中心の「Bizひかりクラウド プラットフォーム」、トラヒック量、ネットワーク遅延、プロトコル分布、レスポンス性能、サーバの性能を調査する「Bizひかりクラウド スマートサポート」を提供する。

 提供料金は、「Bizひかりクラウド ワークスタイル/プラットフォーム オールインワンネットワーク」が月額15960円~(30拠点の場合、1拠点あたり)。「Bizひかりクラウド プラットフォーム ホスティング」が共用サーバ1GBが初期費用5250円・月額2100円、仮想サーバV10が月額4200円、ベースサーバV10LCが初期費用16800円・月額8400円など。今後は、企業、医療、教育、子育て、高齢者等の団体(コミュニティー)向けに、その特性に応じたサービスをパッケージ化して提供するメニューを2011年度の第2四半期を目途に順次サービス提供を開始する。なお同社では4月より、クラウド技術やクラウドサービスのプロフェッショナル約100名体制によるクラウドビジネス推進組織を立ち上げ、クラウド推進体制を強化する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top