BIGLOBE、世界規模のIPv6トライアル「World IPv6 Day」に参加表明……日本企業で初 | RBB TODAY

BIGLOBE、世界規模のIPv6トライアル「World IPv6 Day」に参加表明……日本企業で初

ブロードバンド テクノロジー

「Internet Society - World IPv6 Day」サイト(画像)
  • 「Internet Society - World IPv6 Day」サイト(画像)
 BIGLOBEは8日、世界規模のIPv6トライアル「World IPv6 Day」に日本企業で初めて参加を表明した。「World IPv6 Day」はネットサービス提供者が一斉に、24時間だけ自社サービスをIPv6対応にして、影響を探ってみようという試み。6月8日に実施される。

 「World IPv6 Day」は、非営利の国際組織である「ISOC」(InternetSociety)が中心となり実施。Webサイト運営企業をはじめとして、ISP、機器ベンダ、OSベンダ、Webサイト運営企業などが参加して、IPv6トライアルを実施する。海外ではすでに、米Google、米Facebook、米Yahoo!、米CiscoSystems、米Akamaiなどが参加を表明している。

 現在、インターネットサービスを利用する際に必須となるIPv4アドレスについては、IANA(InternetAssigned Numbers Authority)の在庫が枯渇しており、日本においても、本年夏ごろにIPv4アドレスが枯渇すると予測されている。BIGLOBEでは、2009年6月に「ネットワーク」のIPv6対応を完了しており、BIGLOBEが提供する「サービス」についてIPv6対応を進めているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top