東芝、13.3型の軽量モバイルノート「dynabook R731/39B」 | RBB TODAY

東芝、13.3型の軽量モバイルノート「dynabook R731/39B」

IT・デジタル ノートPC
13.3型液晶の軽量モバイル「dynabook R731」シリーズ
  • 13.3型液晶の軽量モバイル「dynabook R731」シリーズ
  • 13.3型液晶の軽量モバイル「dynabook R731」シリーズ
 東芝は23日、同社PCブランド「dynabook」の2011年春モデルとして、13.3型液晶の軽量モバイルノート「dynabook R731」シリーズを発表。3月中旬から順次発売する。価格はオープン。

 「dynabook R731」シリーズは、薄型・軽量・堅牢性・長時間駆動を兼ね備えた13.3型HD液晶のモバイルノート。仕様の違いにより、4モデルをラインアップする。

 「R731/39B」は、CPUにCore i5-2520M(2.5GHz)を搭載した最上位モデル。128GB SSDの採用により、標準バッテリ搭載時の重さを約1.29kgとし、光学ドライブ搭載の13.3型コンシューマー向けノートとして、世界最軽量をうたう。標準バッテリ搭載時の最大駆動時間は約13時間、同梱される大容量バッテリ搭載時は約18時間。

 シリーズすべてで、高速無線通信のWiMAXモジュールを内蔵し、通信環境を強化。無線LANは802.11a/b/g/n。また、ノートPCのパネルを開くだけで電源が入る「パネルパワーオープン」機能を搭載する。

 そのほかのおもな仕様は、メモリが4GB(最大8GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、OSがWindows 7 Professional 32ビット版/64ビット版のセレクタブル。Office Home and Business 2010が付属する。予想実売価格は210,000円前後。

 「R731/37B」は、ストレージが500GB HDD、バッテリ駆動時間が約11時間のほかは、おもな仕様は「R731/39B」と同じ。重さは約1.49kg。予想実売価格は170,000円前後。

 「R731/36B」は、CPUがCore i3-2310M(2.1GHz)のほかは、おもな仕様は「R731/37B」と同じ。重さも同様で約1.49kg。予想実売価格は150,000円前後。

 「R731/16B」は、光学ドライブを搭載せず、重さを約1.38kgとした。HDD容量は250GB、メモリは2GB。そのほかのおもな仕様は「R731/36B」と同じで、予想実売価格は120,000円前後。
《小口》

関連ニュース

特集

page top