東芝、VHSとBDが一体の「レグザブルーレイ」 | RBB TODAY

東芝、VHSとBDが一体の「レグザブルーレイ」

IT・デジタル レコーダー

「D-BW500」本体/リモコン
  • 「D-BW500」本体/リモコン
  • VHS/HDD/Blu-rayのダイビングイメージ
  • リモコンの詳細
  • リモコンの詳細(チャンネルボタンカバーオープン時)
 東芝は、VHSビデオをBlu-rayディスクに保存しなおせるVTR一体型のHDD内蔵Blu-rayディスクレコーダー「D-BW500」を発表。2月上旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は70,000円前後。

 同製品は、同社製Blu-rayディスクレコーダー「レグザ(REGZA)ブルーレイ」の新製品で、ダブルの地上・BS・110度CSデジタルチューナーと、シングルの地上アナログチューナーを搭載。320GBのHDDも内蔵し、デジタル放送をHDDに2番組同時録画できる「ハイビジョンW録」を備えた。

 フルHD画質での長時間録画に対応し、AEモード(5.5倍)時の録画時間の目安は、内蔵HDDは約160時間、BD-R/BD-RE(片面1層25GB)は約12時間、BD-R DL/BD-RE DL(片面2層50GB)には約24時間となっている。また、AVCHDハイビジョンビデオカメラの撮影映像を内蔵HDDに取り込み、BD-R/REやDVD-R/RWに書き込むことが可能となっている。

 さらに大きな特長はVHSビデオレコーダー部を内蔵していること。VHSテープの再生をはじめS-VHS簡易再生機能も搭載。VHSテープからHDDやBD-R/RE、DVD-R/RWへ、逆にHDDやBD-R/RE、DVD-R/RWからVHSテープへそれぞれのダビングに対応する。

 おもな仕様として、インターフェースはHDMI/S映像/光デジタル音声/2chアナログ音声/LAN/USB(外付けHDDには非対応)/SDカードスロットなど。本体サイズは幅435×高さ100×奥行き399mm(突起部含む)、重さは7kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top