ドコモ、スマフォ/タブレット端末向けの定額料金プランを新設……フラット型と2段階型を用意 | RBB TODAY

ドコモ、スマフォ/タブレット端末向けの定額料金プランを新設……フラット型と2段階型を用意

エンタープライズ モバイルBIZ

新たな料金サービスの全体像
  • 新たな料金サービスの全体像
  • 料金イメージ図(パケット定額サービス、スマートフォン定額通信を利用する場合)
  • 「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」の提供条件
  • 料金イメージ図(データ通信専用の定額料金プラン)
  • 「定額データプラン フラット バリュー」「定額データプラン スタンダード2 バリュー」の提供条件
  • 「月々サポート」割引サービスのイメージ図
 NTTドコモは28日、スマートフォンやタブレット端末など向けに、新たなパケット定額サービスおよびデータ通信専用の定額料金プランを発表した。3月15日より提供を開始する。

 新たなパケット定額サービスおよびデータ通信専用の定額料金プランは「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」、「定額データプラン フラット バリュー」「定額データプラン スタンダード2 バリュー」の4種。それぞれフラット型と2段階型が用意されている。なおフラット型はデータ通信の利用量に関わらず定額料金となり、2段階型に比べ上限額が525円割安の5,460円となる。

 「パケ・ホーダイ フラット」は、従来の「パケ・ホーダイ ダブル」に比べ525円割安な5,460円の料金で、特にスマートフォンの毎月利用が継続して多いユーザ向け。「パケ・ホーダイ ダブル2」は、定額量2100円・スマートフォン通信上限を5985円と、「パケ・ホーダイ フラット」と比較して定額料(下限額)を下げ、スマートフォンの毎月利用に幅のあるユーザ向けとのこと。いずれも従量課金部分のパケット単価を従来の「パケ・ホーダイ ダブル」に比べ割安な料金とした(0.084円→0.0525円)。

 なお今回新たに提供するパケット定額サービス「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」は、「応援学割」の対象となり、最大3年間、スマートフォンを利用の場合、上限額が525円割引される。

 「定額データプラン フラット バリュー」は、2年間契約の割引(定額データ スタンダード割2)後の料金は、定額料5,460円で利用可能なため、、従来の「定額データプラン スタンダード バリュー」(割引後)の上限額5,985円に比べ割安となっている。一方、「定額データプラン スタンダード2 バリュー」は2段階型の定額料金プランで、「定額データプラン フラット バリュー」と比較して定額料(下限額)を下げている。いずれも、パケット定額サービスと同様に、従量課金部分のパケット単価を従来の「定額データプラン スタンダード バリュー」に比べ割安な料金とした(0.042円→0.0315円)

 あわせて、スマートフォンやタブレット端末などを購入する際に、新料金サービスの申込みを条件に、機種に応じた一定額を毎月の利用料金から最大24ヶ月間割り引くサービス「月々サポート」も同日より合わせて提供開始する。月額割引金額は機種ごとに設定され、提供開始時点の対象機種は、スマートフォンやタブレット端末、ブックリーダーなど指定の機種(HT1100、F1100、HT-01A、HT-02A、BlackBerry BoldTM、T-01A、HT-03A、SC-01B、Xperia、dynapocket T-01B、LYNX SH-10B、BlackBerry Bold 9700、GALAXY S、GALAXY Tab、BlackBerry CurveTM 9300、LINX 3D SH-03C、REGZA Phone T-01C、ブックリーダー SH-07C)となる。また、今後発売のスマートフォン、タブレット端末などは月々サポートの対象となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top