東芝、「CELL技術」継承の3Dレグザを中国に投入 | RBB TODAY

東芝、「CELL技術」継承の3Dレグザを中国に投入

 東芝は、中国市場向けにフラッグシップモデルとなる55V型液晶テレビ「55X1000C」を12月下旬から投入すると発表。中国市場でのテレビ事業を強化し、2011年度に前年度比4倍の販売拡大を目指す。

IT・デジタル テレビ
中国市場向け55V型液晶テレビ「55X1000C」
  • 中国市場向け55V型液晶テレビ「55X1000C」
  • 同社サイトのリリースページ
 東芝は、中国市場向けにフラッグシップモデルとなる55V型液晶テレビ「55X1000C」を12月下旬から投入すると発表。中国市場でのテレビ事業を強化し、2011年度に前年度比4倍の販売拡大を目指す。

 55X1000Cは、海外市場としては初めて「CELLレグザ」のコンセプトを受け継いだ最上位モデル。日本市場向けに投入した「CELLレグザ」の高画質・高音質技術を継承し、通常の2D映像を3Dに変換する機能を含めた3D対応の中国市場向けフラグシップモデルとなる。

 10月から発売しているコストパフォーマンスの高い汎用モデルに、今回発表分を加えて中国市場で展開するのは9シリーズ24モデル。多様なニーズに合わせたモデルをラインアップすることで、2011年度に前年度比4倍となる200万台の販売数を目指す。

 中国市場での販売体制として同社は、中国の家電メーカーであるTCL集団股份有限公司と中国市場向け販売合弁会社「東芝ビジュアルプロダクツ(中国)社」を設立。10月1日から営業活動を展開してきた。今後は、沿岸部をはじめ内陸都市での販売網拡大を見込み、同社製品を取扱う量販店や一般店を、現在の約2,200店舗から2013年度に15,000店舗まで拡大する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top